医療をもっと便利に、もっと身近に
予約から診察、処方までをオンラインで。通院する負担を軽減し、継続的な治療を支援するオンライン通院システムです

オンライン通院という、新たな医療体験

従来の通院では、移動時間や病院での待ち時間を考慮した上で会社や学校をお休みするのが当たり前となっています。しかし、このプロセスはもっと便利にできないものでしょうか。「CLINICS(クリニクス)」はオンライン通院の仕組みを提供し、従来の通院体験を向上させます。そして、忙しい方、病院へ通うのが困難な方の継続的な治療を支援します。最初は限られたエリアや診療科になりますが、オンライン通院という新しい医療体験を是非一度お試しください。
オンライン通院という、新たな医療体験

通院、待ち時間の負担を減らすビデオ診察

医師が可能であると判断した場合に、診察をビデオチャットで実施することが可能です。その場合、病院へ行く必要がないだけでなく、診察待ちの時間を短縮することが可能であり、利便性が大幅に向上します。

※医療の質の保つため、全ての診察がビデオ診察のみで完了することは原則的にありません。(但し、診療行為に当てはまらない医療相談や各医療機関の医師が判断した特殊な場合は除きます。)

通院、待ち時間の負担を減らすビデオ診察
自宅での受け取りが可能な薬・処方箋配送

自宅での受け取りが可能な薬・処方箋配送

医療機関からは、ご自宅にお薬や処方箋の配送が可能です。処方箋配送の場合は、処方箋を持ってお近くの調剤薬局でお薬をご購入いただきます。

医師との情報共有を容易にするオンライン問診

診察の前後で、オンラインで体調などの情報を登録して頂きます。また医師への質問なども事前に記入することが可能です。これらの問診情報は、診療内容ごとにカスタマイズされ、実際の診療の際に参考情報として使用されます。

医師との情報共有を容易にするオンライン問診

24時間いつでも可能な診察予約

仕事が終わった夜の時間帯でも、WEB上で完結可能な診察予約が可能です。ご自身のスケジュールと、診察を希望する医師のスケジュールを確認の上で、24時間いつでも予約が可能です。

キャッシュレスで完了する会計

診察が終了すると、事前にご登録いただいたクレジットカードに自動的に請求されます。診察後の面倒な会計手続きは不要です。

オンライン通院システム「クリニクス」は
アプリでもご利用頂けます

"遠隔診療の適切な普及を目指して"

CLINICS 倫理委員会の設置

遠隔診療について

遠隔診療とは、インターネット等を利用したビデオチャットなどで医師が患者の診察を行うことを指します。 元来、遠隔診療に対する見解は「離島や僻(へき)地の患者を診察する場合など、対面診療が物理的に難しいケースを除いて原則禁止」とするものでしたが、2015年8月10日、遠隔地にいる医師と患者を情報通信機器でつないで行う診療、いわゆる「遠隔診療」の解釈に関する新たな通達を厚生労働省が発表しました。この通達では、患者側の要請に基づき患者側の利点を十分に勘案した上で直接の対面診療と組み合わせて行われるときは、遠隔診療でも差し支えなく、直接の対面診療を行った上で遠隔診療を行わなければならないものではない、ということが改めて確認されました。

CLINICS 倫理委員会について

遠隔診療は既に世界的には広まっているシステムであり、医療に新たな価値を生み出しています。株式会社メドレーでも日本の医療にとっても遠隔診療は価値あるシステムになっていくはずであると考えていますが、その革新性や利便性がゆえに、最も大切な「診療の質」が疎かになる危険性もはらんでいます。前例がないがゆえに、CLINICSの提供者として、科学的かつ医学的に慎重な判断をして頂ける医師・医療機関による導入を推奨しています。当社では、CLINICSの提供に際し、複数医師及び複数弁護士、その他有識者による倫理委員会を設け、医療機関への客観的な提言等をおこなっていきます。