導入事例一覧に戻る
2017.06.14

患者に無理なく通院してもらう手段の一つとしてCLINICSを導入
オンライン診療は患者とのより良い関係性構築に有効

皮膚科・形成外科
にっしん皮フ科・形成外科|平岩 亮一 院長
Case16 01

にっしん皮フ科・形成外科は、院長である平岩先生自ら、痒み防止剤や生体皮膜剤などの数々の特許技術を取得し、痒み外来と創傷治癒に強みを持つクリニックだ。形成外科を専門としながら、皮膚科・美容外科としての経験も持つ平岩先生は、「いかに早く治すか、シミを作らないか、傷跡にしないか」というように保険診療と美容医療の両立を実践しており、2017年2月よりCLINICSを活用したオンライン診療に取り組んでいる。

無理なく通院してもらう一つの手段として

待たせてしまっている患者さんに何かしてあげたいと思った のが導入のきっかけです。一人ひとりの患者さんに一生懸命説明しようと心がけていると、どうしてもほかの患者さんを待たせてしまいます。そうすると丁寧な説明で満足してくださる方もいれば、もっと早くしてくれという方もいるわけです。みなさんいろいろな事情がある中で通院しているので、ただ単に待ってくださいと言うだけではなく、オンライン診療が 無理なく通院してもらう一つの手段 になれば、と思いました。」

最初に案内が来た時は「なんだろうこれは?」という印象

CLINICSを選んだきっかけを伺ったところ、当時の率直な印象をお聞きすることができた。
「もともとCLINICSさんのチラシが来ていたので、なんだろうこれはと思いつつ興味は持っていました。導入に踏み切ったのはNHKのニュースを見てからですね。検討はしながらも、なかなか踏み切れなかったのですが、NHKで具体的な事例が出てきたので、 これはしっかりとしたシステムだし詳しく聞いてみようか と思いました。導入した今でも、メドレーさんにはとても良く対応していただけますし、わからないことが出てくる前から必要な情報を伝えていただいているので、とても安心だなと思っています。」

口コミや院長ブログから、初めての患者でもオンラインで受診前相談を

「最初に使っていただきやすいのは受診前相談ですね。これをきっかけに、じゃあ治療をするなら何日に来院いただけますかというようにご案内もできますし、その方に関してはオンライン診療に抵抗がないとわかっていますから、対面で処置したあとも問題がなければ次回のオンライン診察の予約の案内がスムーズになります。 意外と、直接オンライン診察を案内していた患者さんだけでなく、ご家族の方やお知り合いであったり、当院は初めてという患者さんも利用しています。 私のブログでもオンライン診療を始めたという記事も書きましたので、そこから来ているのかなとも思います。」と平岩先生は語る。

実際に来院した際はまるで芸能人にでも会えたかのようなリアクションに

実際に活用した患者の満足度は高く、順調に案内が進んでいるという。
「例えば、小さなお子さんがいて忙しいという親御さんからの評判が良いです。親子で通院してくださっている患者さんで、ほくろを取ってほしいとの事前相談をオンラインでされた際そのついでと言ったらなんですがお子さんの予約も一緒にした時は、とても喜んでもらえましたね。」

さらに、予想外の導入効果もあった。
「オンライン診療で受診前の相談をした患者さんが、画面越しにお話したあと実際に会えるという時にまるで芸能人にでも会えたかのようなリアクションをされることがあるんです(笑)。 これまでだと、『怖いな』とか『何されるんだろう』みたいに感じながら恐る恐る診察室を開けていた患者さんが、この中にいるのは顔も知ってるし一度話したこともある相手だから大丈夫だろう、というように思ってもらえるといい と期待しています。」

オンライン診療は今後、非常に重要なツールになってくる

オンライン診療が徐々に広まってきている現状について、平岩先生はこのように語る。
「時代の流れだと思っているので、拒みようがないと思っています。過去に電子カルテが出てきたときも早々に導入しましたので、そういう風潮になったら自分から順応していこうと意識しています。」

さらに将来的なオンライン診療の展望についてもお話いただいた。
「将来的には保険診療でも初診から活用できるようになると嬉しいですね。というのも私は診療において問診がもっとも重要だと思っていて、通常の対面診療でも、例えば発疹をパッと見るよりも患者さんとの会話の中で当たりをつけて所見と合致するかを確認するというように診ています。ですので、 問診がしっかりできるのであれば十分初診でも使える仕組み なのではないかと思います。いずれにしても今後、 オンライン診療というものが非常に重要なツールになってくるのは間違いありません。 うちのかゆみ防止剤を全国の患者さんに知ってもらいたいという気持ちもありますので、近所でいくら診てもらってもダメだったので相談したい、という患者さんを初診から診察するというようなことができるようになれば嬉しいですね。」

医療機関概要
医療機関名: 医療法人社団日進会 にっしん皮フ科・形成外科
所在地: 埼玉県さいたま市北区日進町2丁目925−1 KTDビル 2F
院長: 平岩 亮一
TEL: 048-662-6789