最も多くのお客様に支持されている
実績No.1の遠隔診療システム「CLINICS」

お問い合わせはこちら

導入エリアはこちら
Logo clinics symbol red
Icon no1

遠隔診療システム導入実績No.1

※株式会社シードプランニング
「2016年版遠隔診療サービスの現状と将来展望」記載の導入数より

ご不明な点はお気軽にお電話ください

Icon tel 03-4523-8501

受付時間 09:00〜19:00 (土日祝・年末年始休)

お客様事例

CLINICSを活用し、遠隔診療に取り組んでいる医療機関様の声を集めました。

遠隔診療システムCLINICSとは?

  • Icon function01

    オンラインで完結

    CLINICSなら予約〜問診〜診察〜決済がすべてオンラインで完結 できます。さらに薬/処方箋は患者へ郵送でお届け可能です。

  • Icon function02

    患者はスマホで受診

    患者はスマホ/PC/タブレットで場所を選ばずどこでも受診が可能です。

  • Icon function03

    充実したサポート体制

    クライアントサクセスチーム(導入支援チーム)が導入後の医療機関様を強力にサポートいたします。

※CLINICSを用いた診療は、対面診療と組み合わせることでご利用いただくことができます。
また診療内容や患者様の状態によって、初診・再診に関わらず対面診療が必要になる場合がございます。

詳しい機能について、動画でわかりやすくご紹介しております。

デモ動画を見る

なぜ、いま遠隔診療なのか?

2015年8月の事実的な解禁以降、2018年4月の診療報酬改定で
遠隔診療を 積極的に評価 する方向で前向きな議論が進んでいます。

1997年12月
厚生省(当時)による遠隔診療の「条件付き解禁通知」
2015年08月
厚生労働省からの事務連絡により遠隔診療が「事実上の解禁」へ
2016年11月
第二回未来投資会議で「遠隔診療の推進」が明言される

http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201611/10mirai_toshi.html

2017年04月
第七回未来投資会議で「2018年4月の診療報酬改定で遠隔診療を評価」することが明言される

http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201704/14mirai_toshi.html

2017年05月
弊社代表取締役医師の豊田が首相官邸を表敬訪問。安倍首相がCLINICSを体験

http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201705/10hyokei.html

遠隔診療に関する政府見解の変遷や法的背景についてまとめた詳しい資料をご用意しています。

遠隔診療の法的整理をダウンロード

患者、医療機関双方にメリットのある遠隔診療

患者のメリット

Icon patient
  • 診察待ち/会計待ち時間の解消
  • 通院負担の軽減や交通費の削減
  • スマホで24時間いつでも予約可能
  • 自宅に薬や処方箋が届く

医療機関のメリット

Icon doctor
  • 新規集患効果
  • 治療継続率の向上
  • 患者満足度の向上
  • 診療の効率化

遠隔診療の導入効果や具体的な活用シーンについて詳細にまとめた資料をご用意しております。

遠隔診療完全ガイドブックをダウンロード

よくある質問

Q 保険診療、自由診療どちらでも利用はできますか?
どちらでも利用できます。ただし保険診療の場合、初診は対面で実施する必要がございます。
Q 遠隔診療実施時の診療報酬はどのようになりますか?
現時点では、一部の項目は遠隔診療実施時には加算できません。ただし別途、選定療養費である「予約料」を設定していただく運用は可能です。
Q 導入する際、医療機関は何を準備すればよろしいでしょうか?
インターネット環境とGoogleChrome最新版が作動するパソコン、必要に応じて外付けのマイクとカメラさえご用意いただければ導入可能です。
Q 電子カルテやレセプトコンピュータとの連携は可能ですか?
CLINICSは電子カルテやレセプトコンピュータとは独立しています。ビデオチャットで診察した内容を対面診察の患者さんと同様に電子カルテに記載し、レセプトコンピュータへ入力をして頂く形となります。

CLINICSについて、さらに詳しく知りたい方は下記よりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

450超の医療機関様で
CLINICSをご導入いただいております。

Japan map

遠隔診療と相性のよい診療科や疾患例

遠隔診療は、問診や視診で対応可能な慢性疾患のフォローアップで様々な事例があります。

一般内科
高血圧、糖尿病などの生活習慣病のフォローアップ
精神科
うつ病や双極性障害などの精神疾患治療
耳鼻科
花粉症、アレルギー治療や睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療
皮膚科
白癬やアトピー性皮膚炎などの各種慢性皮膚疾患治療
泌尿器科
前立腺肥大やED治療
消化器科
内視鏡検査の事前説明、検査結果の説明
婦人科/産婦人科
母乳外来、低用量ピルの処方、不妊症治療における結果説明
消化器科
内視鏡検査の事前説明、検査結果の説明
整形外科
骨粗しょう症、リウマチなどの慢性痛治療
小児科
喘息、重症心身障害、発達障害、自閉症など基礎疾患の治療
自由診療系
AGA/EDの治療、ピルの処方など

更に詳しく遠隔診療のメリットや、導入についてのお問い合わせはこちら

お問い合わせ